907 齊藤寬之 林威丞

EXHIBITORS

齊藤寛之 彫刻家

我的作品以「循環」、「漂泊感」、「多樣性」等主題為基礎,將在重複相同行為時所發生的變化、與地面只有僅僅些許的支撐點表現出的不安穩之感、以及和地面接觸的既有事物之存在價值的變化等等,全部以雕塑呈現。

不僅如此,在時間的流逝中,將不斷重複出現的文化衝擊結合自然災害、以及人為導致的變動所造成的社會變遷和個人經歷,融入「影響社會變遷以及價值觀」的概念至作品中。

 

1973   出身於東京都

1998   畢業於東京藝術大学美術学部彫刻科

2000  東京藝術大学大学院美術研究科彫刻專攻

 

私の作品は「サイクル」「浮遊感」「多様性」といったテーマから、同じ行為を繰り返しつつも変化するもの、地面にわずかな接点しか持たない不安定なもの、既存の物に手が加えられて価値感の変化が起こるものなど、これらの事項を彫刻に変容しています。

更に、時間の流れの中で、繰り返し起こる文化的な出来事、自然災害、人的事故、その後の社会の変化と個人的な体験をすりあわせて「世の中の動きや精神の揺らぎ」を作品に落とし込んでいます。

Play equipment Seriese

Play equipmentとは遊具の事で、遊ぶことの出来ない遊具や玩具に見立てた彫刻シリーズ。

 「安易で刺激的な遊具が子供たちの感性を奪っている」

ルドルフ・シュタイナーの著書の一文に感化され、日常に潜む危険性や現代社会の浮遊感を作品にしたものです。

掴まる所がないもの、刃物を持った攻撃的なもの、卑猥なもの、まるで遊ばれることを拒むような形状をしています。

 

Play equipment Series

 

「Play equipment Series」是看起來像遊樂設施卻無法遊玩,以及玩具模樣的一系列雕塑。

「簡單然而刺激的遊樂設施正剝奪著孩子們的情感」

靈感來自魯道夫·史坦納 (Rudolf Steiner) 書中的一句話,是一部描述關於人們日常生活中潛在的危機以及現代社會漂泊感的作品。

它有著無法被掌握的形狀、帶有攻擊性的利刃、粗俗下流的,就像是拒絕被人們拿來玩耍的形狀。

林威丞